ホーム4~5月短期集中プログラム 変わる企業と個人の関係 ~働き方と組織の未来~

4~5月短期集中プログラム

日本CHO協会は、2021年4~5月の2ヶ月間にわたり “変わる企業と個人の関係 ~働き方と組織の未来~に関する短期集中プログラムを展開します 日本CHO協会は、2021年4~5月の2ヶ月間にわたり “変わる企業と個人の関係 ~働き方と組織の未来~に関する短期集中プログラムを展開します

「戦略人事」と言う言葉をよく聞くようになりましたが、これからの人事部門に求められるのは、経営戦略や事業戦略の実現を「経営のパートナー」として共働すること。そして、戦略実現のための最適フォーメーション(=適所適材配置)を考え、実行することです。

従来、人事部門がこうした役割を果たすためには、制約のない『正社員』を前提に、自社社員を雇用(採用)し、配置・育成するのがあたりまえでした。

VUCAの時代、グローバルでの業種・業態の垣根を越えた競争激化が進む中で、事業構造改革やビジネスモデル転換、新規事業創出等を進めていくためには、深耕する少子高齢化による慢性的な人不足の中で、あいも変わらず雇用と自社社員に拘った体制では量的・質的な限界があり、スピードを持った対応も難しく、社外人材も広く取り込んだ最適フォーメーションを実現すべき時代がやってきました。

その一方で働く者の価値観は多様化し、一社終身雇用にリスクがあることにも気が付き始めました。また働き方の多様化が加速し、働き方の選択肢も少しずつ増えてきました。

日本CHO協会では、こうした内外環境激変の中、変わる企業と個人の関係を考える “働き方と組織の未来”と題したシリーズプログラムを、4~5月の2か月間で展開致します。

こんなプログラムをご用意します!

まず、4月に各回1時間の3回に亙るショートセッションにて、企業にとって/個人にとっての新しい選択肢を対談形式でご紹介し、働き方と人材活用の最新事情を参加者にお伝えします。
《第1回》 4/7 (水)13:00~14:00
テーマ: 『複業(副業・兼業)の未来』
ゲストスピーカー: 株式会社Another works 代表 大林 尚朝 氏

《第2回》 4/14(水)13:00~14:00
テーマ: 『OB・OGのアルムナイネットワークを活用する』
ゲストスピーカー: 株式会社ハッカズーク 代表 鈴木 仁志 氏

《第3回》 4/21(水)13:00~14:00
テーマ: 『企業間の“レンタル移籍”を活用した人材育成・事業開発・価値創造』
ゲストスピーカー: 株式会社ローンディール 代表 原田 未来 氏

各回とも「退職学」の研究者である佐野 創太 氏からのインタビュー形式で進行します。
▶ プログラム詳細はこちら
その後、5月の「人事戦略フォーラム」にて、トークセッションにより、企業と個人の双方の視点から、このテーマを掘り下げ、自社の人事政策のヒントを持ち帰って頂きます。
5/26(水) 14:00~16:30 人事戦略フォーラム
《PART1》  講演: 『働き方と組織の未来 ~出現する個と組織の新しい関係性~』
一般社団法人Work Design Lab 代表 石川 貴志 氏

《PART2》  トークセッション: (仮題)『ここまで進んできた働き方と人材活用』
※5名のパネリストをお迎えし、パソナJOB HUB 加藤 遼が進行します。

【注】
・各回のテーマと開催時期は一部変更することもございます。
・具体的なプログラムは、詳細が決定し次第、順次ご案内します。