セミナー

2019年3月14日開催「人事実践セミナー」レポート

「採用激戦時代」を勝ち抜く企業の採用戦略

空前の人手不足時代に加え、「就活ルール廃止」「通年採用」「外国人の就労拡大」など、雇用をめぐる環境は大きく変わり、人事部は採用戦略の見直しを迫られています。

本セミナーでは、新卒採用のトレンドを浮き彫りにする最新データを踏まえ、「採用激戦時代」を勝ち抜くノウハウを探りました。

採用コンサルティング会社を主宰する(株)ディリゴ代表取締役の長谷真吾氏によると、数ある採用施策の中でも「インターンシップ」を重視する企業が最も多く、「リファラル採用」も近年急速に伸びているとのこと。

学生の志望度が上がり、応募・採用につながりやすいこれらの施策について、長谷氏は実施時期やプログラムの内容、フォロー方法などについて、さまざまな成功事例を織り交ぜながら、その活用方法を紹介しました。

また、採用活動に当たり、企業の「採用ブランド」をつくる必要性を強調、事業戦略構築等に用いられる「SWOT分析」による策定方法を学びました。参加者は自社の強みや経営環境などを検討しながら、ブランド策定のワークを行い、グループごとにその内容を紹介。参加者の間では、採用をめぐって抱えている「悩み」や「課題」などについても、熱心な情報交換が行われました。

フォーラムの内容は参考になりましたか(参加者アンケート結果から)

参加者の意見・感想は・・・

  • 「採用環境の最新トレンドや具体的事例を、データと併せてご紹介頂き、とても参考になった」
  • 「他社の採用方針や事業内容ゆえの特色等をお互いに聞くことができ、とても参考になった」
  • 「SWOTを使った採用ブランドをつくるワークは、自社に持ち帰って検討を進めたい」
  • 「年々変化していく採用トレンドについて、他社の取り組み事例を参考にしながら学べた。また、アウトプットに向けてのアドバイスも参考になった」
  • 「採用担当としての経験の浅い私の話を聞いて頂き、また面白い会社と言って頂けたことが、とても嬉しかった」

登壇者の感想は・・・

株式会社 ディリゴ 長谷真吾氏

「売り手市場、採用スケジュールの早期化、倫理憲章の廃止など、企業の採用活動を取り巻く環境が一層厳しくなる中、課題意識の高い人事の皆様にご参加頂きました。 自社の採用ブランドをどのように構築していくべきか?という課題に対し、参加者企業の皆さん同士が互いに貴重なアドバイスをやり取りする場になり、良かったです」

ディリゴ長谷真吾氏

採用に関するアンケート結果はこちらから

ログイン

会員向けセミナー情報を表示するにはパスワードを入力しログインボタンを押して下さい。

日本CHO協会とは